Pocket

池森秀一(DEEN) マツコの知らない世界に2年ぶりに再び登場し蕎麦の世界を熱く語ります。

 

“こぉのまぁま きみ~だけぇを うばいさりたい~ぃぃ~♪”

1993年に「このまま君だけを奪い去りたい」でデビューしミリオンヒットを飛ばしました。

1st Album『DEEN』をリリース。発売後1週間にしてミリオンセラーに迫るセールスを記録。

何と160万枚の売り上げをみせました。

 

お聞きのように伸びがあり声も艶っぽい歌声で、当時の女子のハートをわしづかみです。

 

プロデューサーの長戸大幸が 池森秀一に歌わせてみたところ、いたく気に入りバンドを

組みDEENの結成に到ったそうです。

 

池森秀一(DEEN)のプロフィール

別名義  :SHU(ソロ活動時)

生年月日 :1969年12月20日(50歳)

愛称は  :「秀」「秀ちゃん」「池森さん」「池サン」「池森君」

出身地  :北海道岩内郡岩内町

所属バンド:DEEN

パート  :ボーカル

50歳の池森秀一さんはとてもイケメンですね。
若い頃の画像が見たくて探してみました。
あまりありませんでしたが、比較的若い頃と思われます。

 

 

やはり、思った通り素敵ですね。

ご両親とはどんな方か知りたい位です。

 

50代になった池森さんは若い頃に比べて、より一層に表情が柔らかくなって、

本当にかっこいいです。

池森秀一さんは結婚していて、子供がいてもおかしくない年齢ですが

情報がなにも見あたりません。

どうも結婚は、未だなようです。

 

家族情報によれば、お姉さんがいらっしゃいます。

 

お名前は池森美雪(いけもりみゆき)さんと言い、北海道札幌市のススキノの『Joy-D』と

いうライブハウスで現役シンガー歌姫として活躍中です。

 

 

姉弟とても似ていますね。

 

それから、甥のRYOさんも歌手です。

◎本名       :池森 龍(いけもり りょう)

◎生年月日:1992年9月22日(27歳)

小3で野球を始め、岩内第二中学時代は硬式野球チーム「余市リトルシニア」に所属。

駒大苫小牧高校に推薦で入学する。田中将大の母校で有名です。

 

2016年9月7日『HOMARE』でデビュー(「DEEN」池森のプロデュースです。)

BS-TBSの野球日本代表の国際大会の番組テーマ曲でした。

母親の房恵さんはバンドのボーカル、祖母タエさんは2005年の津軽民謡の

全国大会優勝、叔母は歌の先生とRyoさんには強力なDNAが備わっています。

 

 

「高温のロングトーンが素晴らしい。僕なんかはるかに超えている」

池森秀一の言葉が物語っているように素晴らしい歌です。

 

 

池森さんの蕎麦ライフを紹介したエッセイ本「DEEN池森秀一の365日そば三昧!

2020年1月23日に出版しました。

お昼は蕎麦以外食べることが無いそうで、もう12年以上になっています。

本当にお蕎麦が好きなんですね。

 

何か理由があるのではないかと調べました。

丁度、13年くらい前にパーソナルトレーナーをつけてトレーニングをしてたそうです。

そうしたらすごい筋肉がついてしまい、おまけにウエイトも6kgぐらいあがってしまい

これでは駄目と思い健康管理のため蕎麦を食べるようになったのが本当の理由です。

 

それ以後、十割蕎麦を食べ続けています。

自分で乾麺を茹でて食することもあるほどです。

全国都道府県47のうち40まで制覇?しています。

 

 

この動画では十割蕎麦にこだわる池森さんの正直な言葉を知ることが

できます。御覧になって下さいね。

 

・十割蕎麦を浴びるほど食べることが夢

・蕎麦つゆにたっぷり浸してもOK

・乾麺をスーパーの食材で調理するのも大好き

 

まとめ

今回は池森秀一(DEEN) について書いてみました。

歌声がとても素敵で、心に染み入ります。

懐かしくて涙した方も大勢いるようですね。

 

姉の池森美雪(いけもりみゆき)さんの事も分かりました。

 

甥っこのRYOさんの『HOMARE』をプロデュースしたり

何でも出来ちゃう池森さんは素敵です。

 

ソフトな口調での話し方も人々を惹きつける魅力ですね。

マツコさんとのトークも楽しみです。