Pocket

大型で強い台風10号(クローサ)は11日午前9時、父島の南南西約480kmで停滞しています。

Sponsored Links

 

きょう(12日)午後3時、台風10号は超大型の台風になりました

しかし、12日から13日にかけて大東島地方に接近する恐れがありそうです
沖縄気象台は12日からうねりを伴う高波に警戒しなければならないと呼び掛けて
います。

東海地方では、台風第10号の影響で13日にかけてうねりを伴い大しけと
なる所があり、14日以降は波はさらに高くなる見込みです。
高波に警戒が必要です。

▼台風10号 8月12日(月)6時
存在地域   父島の西南西約480km
大きさ階級  大型
強さ階級   //
移動     北西 15 km/h
中心気圧   965 hPa
最大風速   30 m/s
最大瞬間風速 45 m/s

 

Sponsored Links

台風10号の13日以降の動きの予想はどうなっているのでしょうか?

 

▼台風10号 8月12日(月)6時
存在地域   父島の西南西約480km
大きさ階級  大型
強さ階級   //
移動     北西 15 km/h
中心気圧   965 hPa
最大風速   30 m/s
最大瞬間風速 45 m/s

 

この台風の特徴は「強い風の範囲が広い」と「動きが遅い(特に西日本付近で)」の2点と言えます。

〇 西日本(九州から近畿):あす13日(火)局地的に雨が強まり沿岸部では風が強まりそうです
「14日(水)の夕方以降:台風本体の発達した雨雲がかかり、暴風の吹く所も出てくると
思われます。
 15日(木)にかけて各地で大雨や暴風に警戒が必要です。
崖や川の付近にお住まいの方は持ち出し品の準備や避難経路の確認して下さい。
海岸や河口付近の低い土地は高潮のため浸水が心配されます。
  16日(金)には、雨のピークは過ぎても風が強く、波の高い状態は続くでしょう。

 

 東日本(東海・関東甲信・北陸) あす13日(火)湿った空気が流れ込んできます。
夜は三重県を中心に非常に激しい雨の降る所がありそうですし
台風の影響が広がるのは15日(木)から16日(金)です
大シケとなる所もありそうで海岸付近の道路は注意が必要です。
長雨による災害の恐れもありますね。

 

 北日本(東北・北海道):16日(金)から17日(土)にかけて
沿岸部を中心に風が強まり、波が高くなるでしょう。
局地的に雨が強まり台風が、予報円の最も東を進んだ時
台風周辺の発達した雨雲が日本海側にかかる可能性がありますね。

台風の名前とその由来について調べてみました。

「クローサ」は、カンボジアが用意した名前で、「鶴」を意味しています。

「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)などが提案した名前が140個用意されて
います。
発生順につけられます。この140を繰り返し使用します。
(140番目の次は1番目に戻ります。
大きな災害をもたらした台風などがあると、加盟国からの要請によって
以後の台風では使用しないように別の名前に変更することがあります。

中国、香港、日本、ラオス、フィリピン、韓国、タイ、カンボジア 、マレーシア 、ベトナム 、マカオ、北朝鮮、シンガポール、アメリカ

 

 

日本の提案した名前は以下の10個です

 1  Tembin  テンビン   てんびん座

2   Yagi         ヤギ           やぎ座

3   Usagi      ウサギ        うさぎ座

4  Kajiki      カジキ        かじき座

5  Kammuri  カンムリ  かんむり座

6  Kujira      クジラ       くじら座

7  Koguma   コグマ       コグマ座

8  Kompasu  コンパス  コンパス座

9  Tokage      トカゲ      とかげ座

10  Hato       ハト           はと座

 

 

まとめ

今回の台風10号は超大型の台風になりました。

お盆の帰省ラッシュにかかり大変な事となりましたが

何とか大きな災害にならないように願うばかりです。

140個の台風の名前もその国々でユニークですね。

各交通機関も心配です。

コンビニでは飲料水等売り切れとか、備える事も大事です。

 

 

コメントを残す